武久作 本金箔押兜飾り

京都名匠 五月人形

「京都名匠 五月人形」の商品一覧です。

一水作 本金箔押総裏大鎧 毛氈三段飾り

2,325,000円(税込)
小札は箔押しの技法を使い、本金箔で仕上げられています。

小札の裏側は、白檀塗り(びゃくだんぬり)が施され、兜の錣(しころ)、草摺り(くさずり)、大袖を裏打ちと言う技法で仕上げられています。

鎧櫃(よろいびつ)の四面全てに施された面取り飾り金具。

板状の鉄から打ち出して造られた迫力のある面頬(めんぽう)。

匠の技がさえわたる逸品です。

提灯に代々受け継がれてきたご家紋を入れることで
格調高く仕上がります。

武久作 本金箔押朱赤糸大鎧 毛氈三段飾り

557,000円(税込)
兜の鍬形台(くわがただい)に、雲竜の飾り金具を使用した別誂えの大鎧です。

小札は箔押しの技法を使い、本金箔で仕上げられています。


兜の錣(しころ)、大袖、草摺り(くさずり)裏の白檀仕上げ
(上のアップ画像でも一部見てとれます。) 

毛氈(もうせん)に刺繍で、ご家紋、お名前、生年月日を入れることができます。

提灯に代々受け継がれてきたご家紋を入れることで
格調高く仕上がります。

この商品は完売しました

一水作 本金箔押総裏大鎧 毛氈飾り

687,000円(税込)
小札は箔押しの技法を使い、本金箔で仕上げられています。

小札の裏側は、白檀塗り(びゃくだんぬり)が施され、大袖の全てと兜の錣(しころ)の裾、草摺り(くさずり)の裾を裏打ちと言う技法で仕上げられています。

鎧の胴の部分は、弦走り(つるばしり)と言う仕立で鹿革で仕立てています。その胴には難を除き、大願を成就せしめる不動明王が描かれています。
  
提灯に代々受け継がれてきたご家紋を入れることで
格調高く仕上がります。
●この商品は完売しました

武久作 総裏緋糸威大鎧 黒塗平台飾り

1,320,000円(税込)
兜の錣(しころ)の裾や鎧の草摺り(くさずり)の後まで配された唐獅子牡丹の飾り金具がより重厚感をかもしだす名工の逸品。
色合いにこだわり染められた緋色(ひいろ)の威し糸(おどしいと)
鎧櫃(よろいびつ)も、研ぎ出しの技法をもちいた一味違う仕上がりです。
小札は箔押しの技法を使い、本金箔で仕上げられています。
小札の裏側は、白檀塗り(びゃくだんぬり)が施され、兜の錣(しころ)、草摺り(くさずり)、大袖を裏打ちと言う技法で仕上げられています。
兜鉢の内面は、刺し子の布が使われています。
提灯に代々受け継がれてきたご家紋を入れることで格調高く仕上がります。
●この商品は完売しました

武久作 本金箔押兜飾り

190,000円(税込)
伝統の技を用いて仕上げられた気品漂う兜です。
小札(こざね)は、本金の箔押で仕上げられています。
●この商品は完売しました
ひな人形・五月人形の通販 - 株式会社丸十人形工房